ごきぶりの電話

久々に娘から電話がかかってきた
「たいしたことないんだけど、流しの下、開けたら
ゴキブリが出できてん、怖くなったからまだご飯作ってない・・・」
「何いってんの、これから結婚したり、子供ができたら
ゴキブリぐらいでおたおたするな!片手に包丁片手にスリッパで戦え!」
などと、えらそうに言った私
実は新婚間なしの時、廊下の壁のゴキブリがなんと飛んだんだ!
(なぜか西岡すみ子調)
生まれて初めて、飛ぶゴキブリを知った恐怖はすさまじいもの。
ゴキブリに負けず強く生きていってほしいと願う母であった。
f0142733_15455883.jpg


娘が書いたおやすみ3秒前の私。らしい


# by u831203 | 2007-10-08 15:53 | ブログ | Comments(3)

昔を思い出して・・・

f0142733_13412966.jpg子供のときって不思議でたまらなかった。
お月さんって、何処でもついて来る。
娘と一緒に、走って家の陰に隠れても
ちゃんとまたそこにある。
この年になっても不思議。

笑われそうな二人の絵を描いてみた。
あまりにも下手だ。
思い出の一こま
覚えてないかな~

# by u831203 | 2007-10-06 13:47 | | Comments(3)

ゴーヤの種は食べられる!?

熟したゴーヤの種は食べられるf0142733_1571721.jpg
食べられたけど・・・
お試しあれ。

f0142733_15125541.jpgでできた種(柿の種ではありません)
来年植えて見よ~
多分、どこにやったかわからなくなりそうで
また苗を買うことになりそう。


# by u831203 | 2007-10-05 15:19 | 料理 | Comments(2)

「八十八の手をかけて」お米になると母が言う

↓主人は生まれて初めて稲刈りを体験しました。
コンバインが入る田んぼの5M程です。
f0142733_16543871.jpg
         村のオペレーターの
         おじさんは75歳バリバリ
f0142733_17112710.jpg
コンバインがいっぱいになると
名高達郎とよく間違えられる弟が待ち受けます。f0142733_1656611.jpg
          一晩、乾燥機にかけた「もみ」
          を脱穀し精米します。
f0142733_1781250.jpg


白米とくず米と分かれて出てきます。
30,6kgちょうどに目分量するのは難しかった。
f0142733_17272012.jpg
          籾殻は、畑の肥やし。
          子供の頃、卵が貴重品で     
        籾殻に入れてあったな~等と・・・
        そんな思いにふけってる暇はない
f0142733_1727519.jpg


f0142733_1743519.jpgやっと白米になったもちもちの
ミルキークイン
今年の甘さは格別な気がする!

記念に家に飾ってと、弟夫婦が持たせてくれた
54年11月生まれの娘を出産に帰ったときとは大違い。
時代の流れをつくづく感じ生産する人のお米に託す愛を感じた体験でした。f0142733_17444799.jpg

# by u831203 | 2007-10-04 18:03 | 自然 | Comments(0)

ふるさと自慢

しばらく実家に帰っていました。
「朝青龍」がモンゴルへ帰るのと同じです。
f0142733_20552124.jpg村の坂を下ると左手には、雄大な大山の北壁が見えるんです。
雲がかかったり、こんな風になかなかすっきりと
見えないんです。
今は、もうなくなったけれど中学校の屋上から見る大山は障害物が何もな
                               く一番好きな場所でした。

右手側は、日本海の水平線が
どこまでも続きます。
f0142733_2057130.jpg

何にもないところだけど、いっぱいの自然と愛を感じることで
なんか生きてるって感じがします。
このすばらしい故郷の風景は、私の心の財産です。
そして娘にこの育った村の名前をつけました。

# by u831203 | 2007-10-03 21:07 | 自然 | Comments(2)

隣のケン太君②

さあ、お散歩行きましょう!
f0142733_15215531.jpg
あら、ケン太くんおしゃれしてる!
グリーンのバンダナ首に巻いておすまししてるのかな
f0142733_15263258.jpg

               うふっ・うふっ・くすぐったいよ~
f0142733_1525718.jpg



# by u831203 | 2007-09-24 15:35 | 編み物 | Comments(2)

しょうがの保存(おまけ)

f0142733_14444332.jpg
f0142733_14543070.jpg

使いさしのしょうがってどうしてますか?
冷凍にしたり、ラップにくるんだり。
こんな簡単で、新鮮で風味の損なわない方法最近知りました。
空き瓶や、タッパーにかぶるくらいの水を入れるだけなんて。
いつまでもしょうがの風味そのまま。
切っても、あの手ごたえそのまま。

そういえば、ゆでた「たけのこ」も水に入れて冷蔵庫保存すれば
なんともないってF・光ちゃんのお母さんに教えてもらった。
みなさ~ん、私に色々教えてください!!
そしたら、ブログ経由で娘に伝えられますので・・・

# by u831203 | 2007-09-24 15:06 | 料理 | Comments(0)

芋づるの佃煮

f0142733_1345184.jpgこの季節ならではの佃煮。
洗って3センチ位に切りざっと茹でる
(茹でなくても大丈夫ですよ)
近くの農協直売所で2把で200円分
いつものとこならこの量で100円なんだけど・・・

f0142733_1346237.jpg山椒の実を保存用に炊いておく
何にでもすぐ使えて便利です。
今年は、時期が少し遅かったから硬いけど
母が一生懸命実を取ってくれた。
実家の裏の畑にある大木の山椒
家でも植えてみるけど、育たなくって


f0142733_13483822.jpg
常備菜に一品



# by u831203 | 2007-09-24 14:05 | 料理 | Comments(0)

お彼岸ですね

f0142733_81298.jpg京都に来て家の中に持って入ったらあかんとか言われたけど
子供のとき、茎をポキポキ折ってネックレスにしたりしてよく遊んだ。
鮮やかな赤。


子供のとき、村の「輝子さん」というおばさんが、
f0142733_8133958.jpgくずのてんぷらを作って持ってきてくれた。
後にも先にも一度だけの味。
思い出の1つ。
うまく描けない。
甘~い香りの漂う季節。

f0142733_842484.jpg
ALプラザまで歩くあぜ道で



# by u831203 | 2007-09-23 08:20 | | Comments(0)

飯田先生直伝「きゅうちゃん漬け」

きゅうり   10本   濃い口しょうゆ 160CC
土しょうが  少々   みりん      100CC
たかのつめ 少々   米酢        25CC


f0142733_14194720.jpg 沸騰したお湯に洗ったきゅうりを入れ2分
(ふたをしないこと)湯を捨てずそのまま冷ます。
これを2回繰り返す。

f0142733_14184667.jpgすっかりさめたら輪切りにして、水気がなくなるまで絞る。
これで4回絞った写真(本当によく水分がある)

f0142733_14214589.jpg調味料、土しょうが、たかのつめを入れ2分煮て火を止める(ふたをしない)

f0142733_14222076.jpg翌日の様子
しっかりした色になる。

f0142733_1423288.jpg冷やしてから味見、歯ごたえがあって
私が作ってもプロの味。
作った翌日、冷やして食べると歯ごたえがあって尚おいしい


たけ先生のレシピ、おいしい~!お試しください。
ただし、食べ過ぎて太ったとか責任もてませんから・・・

# by u831203 | 2007-09-22 12:25 | 料理 | Comments(2)
line

思いのままに・・・・そして時々、夫の絵


by がちゃぴん秀子
line
カレンダー