かぐや秀

f0142733_911224.jpg

友人のGさんとの会話
「実は、もうひとつの夢があるんやけど」
G「何?」
「日本中の荒れ放題になっている竹やぶをきれいにして回りたいと思うんだ」
G「自分で借りてる竹やぶだけにしとき。でもたけのこが好きやし、ほんとはかぐや姫やったんかな~。でも相当太い竹やないと入られへんで。あの太い竹なんていうんやった」
「孟宗竹やな」
G「おじいさんが切ったらこの顔入ってたらびっくりするやろな~
 ほんまに妄想だけやな~」と二人で笑った。
そうや!、実家の竹やぶだけは整理しにいこう。昔、祖父は寡黙な人だったが畑も竹やぶも家の回りもよく整理整頓してたな~。
妹の一周忌に帰る時に実行しようと思う。


# by u831203 | 2008-01-13 09:16 | 家族・友人・知人 | Comments(0)

10分1000円

f0142733_6444021.jpgこれだ!
私の求めていたものは!

伸びた髪の毛切ってくれたらそれでいいとず~と思ってて、近くの大型スーパーの中にできた床屋さん。
男性も女性も、大人も、子供も一緒。
私の髪の毛なんか、どこで切っても一緒。
子供にもお母さんならそこで十分と言われてる。
たった10分、たった1000円。
「時は金なり」で両方得をした気分になる。


# by u831203 | 2008-01-12 06:57 | ブログ | Comments(1)

今年も兄と絵手紙文通

f0142733_6595867.jpg兄より一番乗りで届いたはがき。
目の付け所に関心してしまう。
兄ならではの味のあるはがき。

                           この椿の絵、背景の色がステキです。
                         あかぬけてみえるな~と思いました。
f0142733_702577.jpg

f0142733_713744.jpg兄の家族は日本酒党、今年一年健康でおいしいお酒をほどほどに飲んでいただきたく思いを込めて描きました









f0142733_7133031.gif



# by u831203 | 2008-01-11 07:15 | | Comments(0)

白ねぎのこと

f0142733_6214590.jpg母は農業の傍ら、水産会社にパートで働いていた。祖母がだんだん弱り、働くのをやめて家で農業で収入を立てる道はないかと農協の担当者に相談し試作から始めた。最初は一人でし始めて、だんだん大きく広げていった。弟夫婦も一緒に農業をするようになり、一時は町で1番の集荷量になり表彰してもらうことも何度かあった。
畑から掘ってきたねぎはまっくろな泥だらけ、父がエアーコンプレッサーで皮をむくと真っ白いねぎになる。白い部分が何センチ以上とか、太さによってサイズを分け、一本ずつふきんで拭いて、葉先を切り落として、テープをガッシャンと巻き箱詰めする。株のようなもので価格の変動はすごく資材の費用も出ないときがあった。そんな時、父の糖尿病が悪化して足の切断となり、働き手の一人が足りなくなった。おりしも中国産のねぎが入ってきて価格も崩壊し始めた頃。
弟はいつも時代の先読みをして花のほうへと生産を変えていった。
実家で作っていた白ねぎは、甘くて、やわらかくて、鍋物にしても、焼き鳥に使っても、細いのを酢の物にしてもおいしかった。今でもスーパーで買うのは鳥取産の白ねぎ。どんな会話をしながら、この一束が送り出されたのかな~と想像する。


# by u831203 | 2008-01-10 06:43 | ブログ | Comments(1)

おじのはがき絵(くど)

f0142733_718363.jpg

私が高校1年のとき前のわらやねの家を建て替えるまで毎日使ったくど。
たきぐちは板が張ってあり座って炊ける形は色々な民家を見学してもあまりない形だと思う。
ご飯は、は釜で炊く。炊き終わってもう一度火を入れて吹きこぼし二度炊きにするとおいしいといわれていた。
なべも大きななべでいっぱい作り昼も夜も何度でも食べた気がする。
女も子供も働き手だったから、炊事ばかりしていられなかったからかな。
釜と釜の間には、水を入れられるようになっており、くどを炊くとお湯が沸いて茶碗を洗ったり、顔を洗ったり何でも使える湯沸かし器だった。


# by u831203 | 2008-01-09 07:16 | ブログ | Comments(0)

春の七草

f0142733_8501666.jpg

春の七草は名前で言える。
でも、いざ絵を描こうと思ったら何の花かわからない。
これが私の現実。
図鑑を見ながら、調べてみると
恥ずかしいけどこの年まで、ごぎょうが母子草とも
f0142733_904892.gif
はこべらがひよこ草とも
ほとけのざは、何や昨日庭で抜いた花やん。
知らないことの多いこと。
初めて、七草セットを買わずにおかゆを作って食べた。


# by u831203 | 2008-01-08 09:01 | 花好き | Comments(2)

箱根駅伝を見て

息子は、小学4年生から始めをサッカーを中学3年の夏までしていた。
最後の試合に出られなかったのが、不完全燃焼だったようで、それから駅伝部に入り
山城大会、京都大会、近畿大会と大きな大会に走ることができた。
サッカーの試合には来てほしくないという希望で、私たちも行かなかったが
駅伝大会は、3度とも応援に行った。山城大会で走った坂と箱根の坂が重なる。
近畿大会は、雪の積もった真っ白な世界が会場だった。
そして、息子にとってはそのときのメンバーがず~っと親友になっている
f0142733_6394862.gif

私も、仕事という世界でづーと走ってきて体を痛めてしまっていたけど、
ストップをかけてくれたのは、5月に亡くなった義妹だった。
今年、箱根駅伝はたすきをつなげたい選手と、止めるのも走らせる
のもつらい監督と見えてしまった。
回復したらまた走れるから、この一瞬は体調を整えようと思う。


# by u831203 | 2008-01-07 06:44 | ブログ | Comments(0)

吉永小百合さんからの年賀状

f0142733_6535990.jpg


夫は吉永小百合さんが大好き
「女性の品格」があって私も好き
スタイルも、甘い声も変わらなくていいな~
どこもここも変わってしまった・・・
兄から送られたDVDは昔の私たちも写ってて
同じ人とは思えない



f0142733_7195197.gif


                       1月3日の朝刊に出ていた言葉を切り抜いた
f0142733_6565335.jpg

年賀状は贈り物だと私も思う

# by u831203 | 2008-01-06 07:16 | | Comments(0)

さんま・玉緒のあなたの夢をかなえたろうかSP

毎年毎年、お正月の楽しみにしている番組です
いつも感心してしまうのが、突然「あなたの夢は何ですか?」とインタビューされて、
それぞれに出てくる答えに壮大なロマンがあって
それ即答できるってすごいことやな~っていつも感心して
そして、何人かの夢がかなうのですが涙も笑いもあって
私は大好きなんです。
f0142733_17583944.jpg

私も、いつインタビューされてもいいように何にしようと考えてて
昨年、決まったんです!
「星野富弘様」と一緒に絵が描きたい!!
20数年前、友人から借りた一冊
「この絵すばらしいよ」
『花の詩画集 鈴の鳴る道』
感動して、自分ですぐに買った。
絵もすばらしいけど詩も好きだ。
大変なハンデをお持ちの中でよくこんなにすばらしい絵を描かれるな~って
自分には、絵など関係ないと思ってたから結びつかなかったけど
まだ4ヶ月しかはがき絵描いてないけど
インタビューされたらすぐに言おう。
どうか夢がかないますように!


# by u831203 | 2008-01-05 18:07 | ブログ | Comments(0)

初めての額縁

f0142733_62742100.jpg

暮れに娘と、親友のみゆきちゃんが教えてくれたマルエイ額縁さんへ行った。
高校1年で描いてから12年目の絵
娘が油絵で描いたのは、初めての絵だったかな?
本人より、私が気に入ってる。
夏休み、私の実家へ帰りデッサンした弟の四女。f0142733_763855.gif
額に入れてみると、絵に価値が出る気がした。
屋根裏にある絵とか、1年に1枚ずつ額に入れていこうかな。
写真が下手で、どうしても周りのふすまとか反射してしまう。
次は、写真技術を勉強しないといけないな~
ほかのブログなどを見ると、画像がとってもきれいですから。


# by u831203 | 2008-01-04 06:50 | 家族・友人・知人 | Comments(0)
line

思いのままに・・・・そして時々、夫の絵


by がちゃぴん秀子
line
カレンダー