カテゴリ:お茶( 19 )


お茶オーレ

仕事から帰って、お昼はサンドイッチとオーレ
抹茶と京番茶のパウダーとお砂糖をお湯でとかし
氷と牛乳で混ぜ混ぜ
f0142733_21061220.jpg
緑色と茶色のオーレの出来上がり
f0142733_21063837.jpg
抹茶をヨーグルトにかけて、はちみつたらします
f0142733_21071395.jpg
この混ぜていくときのマーブル感たまりません。
最後にヨーグルトが白から緑に変身します。
f0142733_21072561.jpg
夜はお茶漬けにしてみました。
京番茶パウダーいれすぎちゃいましたけど
これなら急須を使わずにお手軽だな~って思いました。
今年は梅がたくさん実ってるので前に漬けた梅を大量に食べてます。
f0142733_21074319.jpg



by u831203 | 2017-06-16 21:34 | お茶 | Comments(4)

京番茶シフォンケーキ

プロ級にパンを焼かれてるまゆさんにお茶を届けました。
そしたら、今日は京番茶シフォンケーキに変身して届けていただいてました。
パウダーが細かいのでとても混ざりやすかったということです181.png

f0142733_20000042.jpg
切り方がへたっぴーでごめんなさい。
明日、仕事から帰ったらいただきま~す
f0142733_20001298.jpg
まゆさんのお庭で切ってきたローズマリーでジャガイモやきました。
オリーブオイルとお塩を振っただけです。
すぐ火が通るようにチンしたら、すが入ってしまいました。
生のままのオーブン焼きがやっぱりいいな
f0142733_20014761.jpg


by u831203 | 2017-06-15 20:12 | お茶 | Comments(6)

京番茶パウダー

↓お世話になってる森田さんの動画ありました。
森田製茶さん
にいただいた京番茶と石うすでひいたチョコレート材料の京番茶パウダーです。
「日本で自分のところだけじゃないかな?番茶を石うすでひくのは」
そうご主人が言われるくらい珍しいと思うのです。
森田さんでは抹茶の加工だけですので、京番茶は買っていらっしゃるんです。

f0142733_20523586.jpg
ヨーグルトにかけて食べます。
f0142733_20525487.jpg
まぜるとチョコマーブルみたい
こおばしくていい感じ、はちみつで甘みを付けました。

f0142733_20530715.jpg


by u831203 | 2017-06-14 21:11 | お茶 | Comments(6)

お茶の京都博IN高の原イオン

10日、11日と高の原イオンにてお茶の京都博開催です。
f0142733_21353770.jpg
f0142733_21360190.jpg
昨日までお世話になっていた森田製茶さんも出店で、人気です。
f0142733_21363001.jpg
抹茶チョコ、京番茶チョコ、黒豆チョコが並んでいます。
f0142733_21370125.jpg
和紅茶、てん茶ジェラードなどアイスクリームが並んでいます。
(プリンは他のメーカーさんのでした。)
f0142733_21372433.jpg
てん茶ジェラード
家に持ち帰らずイオンのベンチで食べてしまいました。
深い香りのジェラード最高です!
私たちの加工したお茶が、こんなすてきな商品になって
うれしいな~と感じたイベントです。
f0142733_21374552.jpg





by u831203 | 2017-06-10 21:51 | お茶 | Comments(8)

一番茶終わりました。

一番茶の刈取りが終わりました。
工場は今晩稼働して明日の朝までかかります。
雨でお休みは2日ありましたが
おかげで19日、夫も私も皆勤賞だったのは感謝しかありません。
f0142733_21301602.jpg
工場を出たところの夕日スポットです。

f0142733_21303209.jpg


by u831203 | 2017-06-09 21:37 | お茶 | Comments(6)

抹茶に変身するまで

お茶の新芽
f0142733_20283621.jpg
蒸されます


吹き上げを4台通過し乾燥されます。
f0142733_20291885.jpg
炉の中で長い時間をかけてあぶられます。
f0142733_20294504.jpg
骨が外されます
f0142733_20301234.jpg
新芽だけになります
f0142733_20304037.jpg
碾茶になります、粉々です。
f0142733_20310272.jpg
石うすでひいておいしい抹茶になります。
f0142733_20312571.jpg



by u831203 | 2017-06-08 20:38 | お茶 | Comments(10)

京番茶チョコレート

森田製茶さんのこだわりチョコレート
こちらは、京番茶チョコ
もちろん抹茶チョコレートの姉妹品です。
私の手元に、京番茶チョコレートがあったのと
ご主人にチョコレートの原料と京番茶をいただいたのでご紹介です。
f0142733_20502549.jpg
京番茶、ほぐしてしまってから写したので茶色い葉っぱがなくなってしまいました。
ここの工場では、京番茶は作っていないので番茶工場で買っていらっしゃるんです。
番茶に京がついただけでお値段も変わります。
f0142733_20504861.jpg
番茶を粉々にして、葉っぱの部分を碾茶のようにします。
f0142733_20511593.jpg
そして、抹茶と同じように石うすでひいたら抹茶と同じ細かいパウダーになります。
ご主人のこだわりは、この細かいパウダーを原料に使うことで
お口の中に残らないように溶けるのだそうです。
f0142733_20514463.jpg
そしてこれが京番茶チョコレート、おいしいんです。
f0142733_20520329.jpg
そして、今日は京番茶を沸かして飲みました。
熱くてもおいしい
冷たくしてもおいしい
薫り高い京番茶、最高です。




by u831203 | 2017-06-06 21:16 | お茶 | Comments(6)

碾茶で冷茶

ペットボトルに碾茶を入れて水を入れておきました。
少し多めに碾茶を入れた方がいいみたい。
完全に乾燥してるので一日じっくり置いた方がいいみたい。
お湯で出して、冷やしてもいいんだけど手抜きです。
お茶こしで碾茶を取って飲みます。
あっさっりおいしい冷茶です。
f0142733_20483468.jpg


by u831203 | 2017-06-04 20:52 | お茶 | Comments(4)

お抹茶工場(工程編)

畑で刈り取られたお茶の葉をコンベアに入れていきます。
f0142733_20424892.jpg
お茶の葉は蒸し器で蒸されて出てきます。
f0142733_20435346.jpg
乾燥のため、吹き上げというところで
風によって舞い上がり次の吹上、次の吹へと送られていきます。
f0142733_20510537.jpg
ここから、高熱の炉の中の編に乗り、
あっちへ行ったりこっちへ来たり
ぐるぐるぐるぐる熱~い旅をするのです。
f0142733_20520256.jpg
熱い旅が終わったら、またまたコンベアに乗って
いよいよ製品になっていきます。
こちらは骨だけ出てきます。

f0142733_20524593.jpg
こちらが葉の部分、碾茶です。
ここでまたコンベアに乗り粉々になっていよいよ出荷準備。
f0142733_20531213.jpg
こんな風に粉々です。
これが碾茶、ここの工場ではこの状態で出荷となります。
おいしいお抹茶になって、
たくさんの方に味わってもらえるのです。

f0142733_20534479.jpg



by u831203 | 2017-06-03 21:49 | お茶 | Comments(10)

石うすを掃除して、抹茶をひく。

チョコレートの原料にするほうじ茶をひいた石うすを掃除しました。
f0142733_21143863.jpg
細い溝を竹串で一本一本、溝からお茶の粉が出てくるので
そうじ機できれいにします。

f0142733_21145684.jpg
出来立ての碾茶です。この状態で出荷となります。

f0142733_21173340.jpg
f0142733_21322373.jpg
石うすで碾茶を引くと、こんなにきれいな抹茶になります。
もし、碾茶を見てこんなくずをくれてなんて知らない人なら罰当たりなことを思うはずです。
だって、粉々になっていますから正当品に思えません。
ところがところが、立派な製品なんです。
贅沢な仕事をさせてもらっています。
(抹茶を引くのは、仕事ではありません。趣味です。
ご主人にちゃんと断っています。)
f0142733_21195140.jpg





by u831203 | 2017-05-30 21:48 | お茶 | Comments(8)
line

思いのままに・・・・そして時々、夫の絵


by がちゃぴん秀子
line
カレンダー